長年鼻炎で悩んでいた…

僕は今37歳になるのですが、いつからかもう思い出せないぐらいの時から鼻炎で悩まされていました。たぶん、20歳ぐらいのころからかなと思います。

 

ホントに毎日つらかったです…。完璧に毎日というわけではないのですが、ほぼ毎日ぐらいでしたね( ;∀;)

 

3パターンぐらい毎日鼻の調子があって、

 

@何もない
A午前中ひどくて午後から収まってくる
B1日中ひどい

 

っていう感じで、AとBがほとんどって感じですかね。

 

ひどいっていうレベルも人によって違うかと思いますが、僕の場合は1日ひどい場合に、ティッシュを1箱使い切るぐらいの感じです。

 

鼻が痛くなってくるので、なるべくいいティッシュを使わないといけないので、エリエールプラスウォーターっていうのを使っていました。ちょっと高いので、普通だと不要な無駄なお金がかかってしまいます・・・。

 

1日中であろう時はパブロン鼻炎カプセルを飲んでいました。1日中っていうのは正直かなりしんどいので。

 

このパブロン鼻炎カプセルは、僕の中でかなり強力で必ずと言っていいほど収まります。

 

パブロン鼻炎カプセル

 

ちなみに、病院に行ってアレロックとか市販の他のコンタックとかいろいろ飲んだことがあるのですが、このパブロン鼻炎カプセルは僕の中で最強でした。

 

最強なんですが、最大のデメリットが一つ。かなり眠たくなるということです。

 

僕はパソコンでの仕事をしているので、体を動かすわけではなく眠たさが半端じゃない感じになってきます。仕事中に「ちょっと眠らせてください!」っていうわけにもいきませんし・・・。

 

あと、小さなデメリットとして喉がカラカラになります。すごく喉が渇くのです。

 

僕の鼻炎の場合、パブロン鼻炎カプセルしか効かなかったので、こういったデメリットがありますが飲むしかなかったのです。

 

あと、鼻炎で辛いのはなんかすっきり寝た感じがしないんですよね。朝起きてもすっきりしないのです。

 

これだけ鼻炎に長年悩まされ続けていた僕ですが、今ではほぼ治っています(^◇^)

 

パブロン鼻炎カプセルなんて1年ぐらい飲んだ記憶がありません。

 

なぜ治ったのか?

 

なぜ治ったのか?というところを紹介しようと思うのですが、あくまで僕はお医者さんでもなく、ただ鼻炎で深く悩んでいただけの素人というのは理解しておいてください。

 

まず僕は病院の薬でも治らなかったですし、パブロン鼻炎カプセルは眠たくなるという副作用が大きすぎるので、自然療法で治したいと考えました。

 

眠くなるという副作用以外にも、ずっと薬を飲み続けるというのは何かしらほかの副作用も出てくるでしょうから。何かで読んだのですが、鼻炎薬は血圧を高める副作用もあるということも書いてありました。

 

そこで鼻炎についていろいろ調べていると、腸内環境と鼻炎というのは深くかかわりがあるようでした。腸内環境がよくなると鼻炎もよくなるのではないかということです。

 

最近よく花粉症の症状を和らげるためにヨーグルトがいいとかって言ったりしますが、これも多分腸内環境をよくするためということだと思います。

 

腸内環境をよくするために

 

そこで、腸内環境を整えるにはどういう食べ物を食べればいいのか?というのが自然療法として大事なのではないかと考えたのです。

 

毎日食べるものを変えていくというか、腸内環境をよくする食べ物を食べるようにすれば、鼻炎も改善されるのではないかということです。

 

で、腸内環境を改善するためには乳酸菌が大事とのことがわかりました。

 

乳酸菌を多く含む食材を調べたところ、「味噌」「醤油」「漬物」「納豆」「塩こうじ」「日本酒」「ワイン」「ヨーグルト」「チーズ」「キムチ」などがあげられるようです。

 

ヨーグルトなんかは乳酸菌としてすごく有名ですよね。でも、正直毎日食べるとなれば厳しいというか、忘れてしまう日も多々あるような気がします。

 

この中で毎日食べるので続けられるもの?というのを考えると、僕的には「味噌汁」しかありませんでした。

 

味噌汁はすごく大好きですし、食事の時に必ず出てくるものですので、続けやすいかなと思ったのです。

 

醤油をそのまま飲むわけにはいかないですし、漬物や納豆を常時保存しておくのも、買い忘れということもありますからね。

 

味噌汁だと、1パック買っておけばしばらくもちますので、買い忘れの心配も少ないです。最悪、具がなかったとしても味噌汁だけ飲むことはできますからね。

 

あと、日本人の腸ということを考えれば、日本人の食卓にあるものというのが1番効果がよいのではと思ったので、ワインやヨーグルト、チーズ、キムチは対象から外れてしまいました。

 

本物の味噌を使う

 

味噌っていろいろ種類がありますが、安い味噌であったりインスタントの味噌というのはちょっと本物の味噌とは言えないようです。

 

味は同じような感じもするのですが、インスタントの味噌汁は加熱殺菌されているので、酵母や麹菌は全滅しています。

 

安い味噌なども、いろんな添加物によって味噌の味に似させているだけのようなものも多いようなのです。

 

味噌を作るのには長い時間かかるのが実際なのですが、スーパーなどで売られている安いものは1~2週間で作られているのも多いようですからね。

 

こういう味噌を使っても、腸内環境の改善には役立たないはずです。

 

ちょっと高いといっても数百円の違いですので、ちゃんとした味噌を買うようにしましょう。

 

僕が使っているみそは、「入江麹製造所」というところで作られている味噌です。

 

入江麹製造所の味噌

 

ここは昔ながらの製法と良質の素材でこだわった味噌を作っているところです。もちろん、食品添加物などは使っていない無添加になります。

 

昼とか夜とかだと外食の時もありますし、本物の味噌汁を飲むことはちょっと難しかったりするので、僕は朝は必ず味噌汁を飲むようにしました。

 

朝は、味噌汁だけを飲む感じです。

 

味噌汁

 

この写真のような感じで、いろいろと具も毎日変えて毎朝楽しんでいます。この日は、わかめ・シイタケ、エノキのお味噌汁です。

 

味噌汁の中に毎日いろいろな具材を入れているので、腸内環境だけでなく、いろいろな健康の効果も得られるんじゃないかと思います。

 

正直、野菜とかあまり食べることはないですが、野菜たっぷりの味噌汁を1杯飲むだけでも、多少は野菜を取ることはできますよね。

 

朝食を味噌汁だけにしてから、鼻炎以外にも体調は良くなったような気がします。体重もちょっとずつですが減ってきましたし。75キロあった体重が72キロになりました(^◇^)

 

よく聞く置き換えダイエットっていうのを聞きますが、それと同じようなものなんだと思います。朝ご飯を食べずに味噌汁だけって感じで。

 

鼻とおりにいいお茶

 

あと、「お茶」が鼻炎というか鼻づまりにはいいということは広く知られていることなので、お茶も毎日飲むようにしたのです。

 

アレルギー性鼻炎に良いお茶として、「べにふうき」「どくだみ」「シジュウム」「田七人参」「グァバ」「くま笹」「なたまめ」「ルイボス」「甜茶」「よもぎ」などがあげられます。

 

こういういろいろと鼻づまりに良いといわれているお茶はありますが、その中でも僕は「えぞ式すーすー茶」が一番効果がありました。

 

えぞ式すーすー茶は「クマザサ」「赤紫蘇」「甜茶」をブレンドしたお茶です。

 

名前が「えぞ式すーすー茶」というところが、ある意味そのまますぎてちょっと怪しい感じがしますが、実際飲んでみるとわかると思うのですがスースーします。鼻が通るということです。

 

30年近く鼻づまりで悩んできた人が開発に携わっているみたいなので、実際につらい部分なども分かって作られていることなのでしょうね。

 

この「えぞ式すーすー茶」は即効性もありますので、ちょっと鼻炎で辛いというときのも飲んでみる価値はあります。すぐに実感が得られるかと思います。

 

≫僕が飲んでいるえぞ式すーすー茶はこちら

 

味噌汁とお茶によって治った

 

このような感じで、味噌汁とお茶を飲むという習慣を続けることによって、3か月ほどたったころからほぼほぼ鼻炎の症状はなくなってしまいました。

 

昔だと、前日にお酒をたくさん飲んだ時には確実に鼻炎がひどかったのですが、今はそういうこともなくなってしまった感じです。

 

何がよかったのか?っていうことがはっきりは分かりませんが、やはり味噌汁によって腸内環境がよくなって、鼻炎に良いお茶によって抑えられてもいるということではないかと思うのです。

 

これだけが生活習慣を変えたことなので、間違いなくこれらが効果的だったということも分かりますしね。

 

お医者さんではないので、専門的なことは正直分からないのですが、出来るだけ自然療法で治したいと思っている方は、僕が鼻炎を治した方法っていうのも参考にしていただければと思いますm(__)m

 

鼻炎で悩んでいる人にしかわかってもらえないであろう、あの鼻水の悩みっていうのを早く解消できることを願っています。